大きな桃


この地上の人間界に、僕はどうして投げ込まれたのか・・その意味を僕は知らない。

 

心霊主義(スピリチュアリズム)的には、人は課題をもって、この地上に降りるとされる・・

 

だとしたら、僕は自分にどんな課題を課して、この地上に降りたのか・・

 

人は誰しも、人生そのものを課題をもって生きているのだとしたら、その個的な課題のために頑張る人それぞれの姿と行動は、すばらしく思えるはずなのに・・

 

そんな、すばらしいと思える人には、なかなか巡り合えない。

 

個的な課題など感じさせず、長い物に巻かれ、権力にすり寄り、そんな自分が得た無難な日常で笑う人間ばかりで・・

 

腐った笑顔が蔓延するこの世の中で、僕も、その一人・・

 

そう・・僕は腐っている・・

 

そんな自分から、逃れなくてはと、焦った時があった・・焦る気持ちはすがる気持ちに直結し、すがる気持ちは僕を、神仏の鎮座する地に向かわせた。

 

その行動過程で、大阪のサムハラ神社に詣でたことがあった。東京駅の『みどりの窓口』で新幹線の切符を買い、乗り込んだ新幹線のなかで、買って間もなかった「アリス・ベイリー」を読みながら・・全く理解できねえ・・なんて思いつつ、喫煙スペースに煙草を吸いに行ったりしてたら、あれよあれよと、そこは大阪だった。

 

サムハラ神社は当時(5年くらい前)、指輪のお守りが流行っていた。今も流行っているのかもしれない。どうなんだろ。

 

僕も指輪のお守りが欲しくなっていたが、人気で手に入れるのは困難だった。指輪のお守りはともかく、神道における造化三神を祀るサムハラ神社で、造化三神の天之御中主神・高御産巣日神・神産巣日神にお会いしたいと思った。

 

そのサムハラ神社の「奥の院」が岡山にあるが・・

 

 

岡山で思い浮かぶのが「桃」で、そして昔話の「桃太郎」で・・

 

「桃太郎」は平和に暮らす鬼ヶ島の鬼を虐殺した英雄の物語、と解釈されたりするが、

それはともかく・・

 

川で洗濯していたおばあさんは、ドンブラコと川上から流れてきた大きな桃をどうして川岸に引き上げることができたのか・・

 

僕は、自分がなんでこの地上に降りたのか・・それと同じくらいに、疑問なのだ。

 

 

⇩ 秩父巡礼 秩父神社 秩父今宮神社 マッサージ

www.youtube.com