じんましん その2・・天風先生 

ストレス続いて・・

 

じんましんも、一旦、消えた・・が、そのあとの、次から次へとの、悪化の一途・・

 

気管にも、じんましん、出てたんだと思うけれど・・呼吸すら苦しくて・・

 

でも、西洋近代医学の対症療法的医薬に頼らないで、なんとか・・

 

そう思って・・

 

人間・・肉体・エーテル体・アストラル体・・あるけれど・・

違う言い方で言えば、物質体・生命体・魂・・

 

僕のストレスは、魂に生じているもので・・それが、生命体と物質体への影響をもたらしていて、生命エネルギーの、体内循環が、とてつもなく滞っていた、っていうの、あって・・

 

気・・

 

よく、ヨガでも瞑想でも精神統一でも、丹田呼吸って、大事だけれど・・

 

臍下丹田に、気・・別名、エネルギー・・集めるの、大事、なわけだけれど・・

 

気が、あがっちゃっているの、わかるわけです・・頭にのぼっちゃってる・・

 

臍下丹田、スカスカになってるの、目に見える感じで、わかるわけです・・空洞になっちゃてる・・

 

エネルギー、入れなきゃ・・

 

思いました。

 

入れました・・どうやって?

 

ちょとね、読めば読むほどに、自己啓発本チックな色を強く感じて、もういいや、的に遠ざけていたんですけれど・・中村天風先生・・

 

天風先生が言うところの「クンバハカ」

 

肛門絞めて、肩をリラックスさせて、下腹に力を入れる・・

 

下腹にエネルギーを注入することを意識しながら・・しましたよ。

 

空洞の下腹・・臍下丹田・・満たされてきた・・

 

なんか、元気になってきた・・

 

あと・・プルーン・・

 

女房に、買ってきて、って言って、どこかのスーパーで買ってきてもらったドライプルーン・・

 

プルーンのエネルギーも、下腹に入れて・・

 

じんましんは消えてない状態でも・・いける・・そう思いました。

 

下腹・・臍下丹田・・カバラで言えば、セフィロトのイエソド(一面的な見方だけれど)

 

大事ですよ。

 

そう・・じんましんについて、前に書いたところに、ひまし油・・

 

効く・・デトックスされる・・僕、言いましたけれど・・

 

 

ひまし油でも、デトックス効果あるのとないのと、あります・・この、ひまし油のことについては、後々に、改めて・・たぶん。 

 

・・

ストレス・・避けられないですよ・・避けられないから、ストレスに負けない、っていうか、ストレスに戦える体・・作んなきゃ・・

 

ストレス・・たとえば、人への恨みつらみ・・

 

頭から離れない・・頭から、っていうのは、本当は違うけれど・・アストラル体から、っていうのが、正しい、けれど・・

 

人を呪わば穴2つ・・相手だけでなく自分の墓穴も掘ることになる・・っていうことですけれど・・

 

この言葉は、一面正しい・・でも、人を呪うことを通じて自分が弱まる・・その中で、人を呪いつつも、自分を強化する・・その方法を探すこと・・それは、更に正しい。人を呪えば、その呪いの波動に等しい邪気が、自分に浸入します。でも、その邪気を祓う力・・その力の醸成方法は、邪気に侵される中でしか、知るきっかけを持てない。

 

きれいごとでは真実を知ることはできない、っていうことです。

 

世俗の邪気から離れての悟りが、世俗の中では無力に帰す・・それよりも、泥に咲く蓮の花・・毒を薬に変える力が、下っ腹にはあるわけです。