福祉

僕はもともと、唯物論者、っていうか・・マルクス学んでいた人間で・・

 

高校の時、マルクス・エンゲルス共著の「共産党宣言」を読んで・・

 

え?・・衝撃だったんですよ。

 

唯物史観・・

 

ヨーロッパに妖怪・・共産主義という妖怪・・

 

人間の歴史は階級闘争の歴史である・・

 

そんな感じの、書き出し・・

 

その書き出しの部分・・

 

マルクスによるものなのか、エンゲルスによるものなのか・・

 

廣松渉の訳の「共産党宣言」には、その振り分けが字体で分かるようにされているけれど・・

 

僕がその時読んだのは国民文庫版で・・振り分けされてなかったから・・

 

そのとき僕が、エンゲルスに感銘したのか、マルクスに、なのか、わからないけれど・・

 

廣松版「共産党宣言」・・今、僕のいるこの場所のどこかにあるはずだから、探して調べればいいのかもしれないけれど・・そんなことは、わざわざブログのためごときには、しません。

 

しないけど・・マルクスの思想が世界を・・20世紀・・変えた・・

 

世界を二分していた・・っていうのもあるけれど・・共産主義国家への対抗として、資本主義国家・・福祉に力、入れた・・

 

今の日本・・もっと福祉に力、入れろよ・・

 

思います。